5/12 その地下で祈る想いは、果たして空へと届いているのだろうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
えか (URL) 2016-05-13 00:17
おお,ついに名無しにいったんか。
楽しんでくれたようでなによりだ。
そういや今の3にはほとんどいったことなかったな。
ヘルフライがタフすぎて。

アクセスがよくなれば誰でも臨時で狙えるかもしれないね。
Leaf (URL) 2016-05-14 20:14
ついに行ってきたのです。(*´ω`*)
みなさまがかつて通った道だと思うと感慨深い者ですのう。
ヘルフライは強かったです……。なんなんあれ。
ジャルデウ (URL) 2016-05-15 01:11
名無しは進入クエさえなければ、良い狩場ですのにねー><
ネクロマンサーは物理殺しで嫌ですがw
あと視点固定ってのは、何か理由があるんですかね?
昔のマップだから視点固定な訳ではないでしょうし、ROの不思議の一つですね(*´∀`)b
Leaf (URL) 2016-05-16 00:46
STR1で殴れば反射は怖くないですよ^^

アクセスの良さはだいじですのう、そう、たまねぎのように。
視点は、修道院は村の建物のひとつでしかない、室内扱いってことなんでしょうかねー
そのやりづらさが、逆に人気の理由にもなってそうですけどw
コメント投稿

 無人の村に、夜の帳。
 のどかさと不気味さを混在した昼の静寂からは一転。夜こそが化け物たちの時間だと言わんばかりに濁った声を上げて徘徊する悪魔と死者。

 このちいさな島の、いちばんおおきな建物。修道院。昼間には固く閉ざされていたその扉は開け放たれておりました。まるで化け物たちを解き放ったことを、堂々と、主張しているかのように。

 いま、その建物の前へと、リーフたち5人の冒険者が、降り立ちます。

img9897.jpg
 名も無き島の、修道院。そこはむかし、最終狩場のひとつとして愛されてきたというお話を何度も耳にして。
 リーフもつねづね名無しには興味はあって、でもめんどうくさいクエストに手をつける気がずっと起きずじまいでしたけれど。
 ようやく、ヌヌヌのクエスト緩和と、ふわふわしょうたいむの転送にあやかることができたこの時期、リーフの希望で、パーティでの、名無しの冒険が実現したのでした。

「名無し狩りなのに魔職がいないだって……?」
Leaf「メテオストームLv5の使い手が此処におるじゃろ?( ゜ω゜)」

 PT構成のセオリーなど知ったことではない一行でした。


img9898.jpg
 たいていはテレポで済ませてしまう一層目をのんびりと歩き。


img9899.jpg
 そして、ここでの狩りに訪れる多くの冒険者達にとっての主戦場、2層目へと、パーティは突入します。


img9909.jpg
 敵の群れに炸裂する、スキルの光。狭い通路の中、変更できない視点の先だからこそ、その迫力はこれまでのどの狩場よりも際立っていて。


img9907.jpg
 彼らが通った道のあとには、ペンペン草のひとつも生えていないのでした。


img9905_20160512055533061.jpg
 けれど激しすぎて道の先は見えづらくって。

「道違うんじゃない?w」
Leaf「(道なんて知らない)」
「俺たちの通るところが道さ」
「どう見ても行き止まりよ!?」

 それくらいの、激しい戦いだったのです。


img9911.jpg
 そんなこんなで、二層目も歩ききった一行。
 ひとりが言いました。「ごーる」。
 ひとりが言いました。「フッ、すたーとよ!」。


 3層目の強敵は、ヘルフライ。
 いざ、リーフが隕石の群れを従えて殴りかかってみても。
Leaf「あら、たふいw」

 被弾が痛いわなかなか倒れてくれないわの手強さとともに。

Leaf「ここにただのチョンチョンいる意味あるん?w」
「ドラゴンフライcでるよ^^」

 そんな疑問を抱くのでした。

 けれどそのヘルフライの強さも、PTの進みを止めるには至らず。
 殲滅されていくヘルフライが落とす”あれ”を横目に、リーフたちはさらに奥を目指してゆくのです。
「しかしunk出過ぎじゃね?」
「におうよ!」

 戦いのさなか、交わされるのは、そんな、愚かなやりとりでしたけれど。


img9912.jpg
「でもこうやって喋りながら進むの楽しいね」

 そんなふうに、仲間たちは笑っているのでした。

Leaf「(喋りながら進む光景しか知らないぞ……?)」

 そんなことを思う者もいたりしながら、辿り着いたのは、とある国の王が幽閉されていた、名無しクエで訪れたあのお部屋。


img9918.jpg
 そして王様の周りに展開されるこんな暴挙。
Leaf「ていうかどんだけ拾ってたのw」
「かぶれってことさ」(※”あれ”は頭装備)
Leaf「未鑑定、かぶれません^^」

 こんなふうに、ひととおり(王様で)遊んだあとは、3層目の探索へと。


img9923.jpg
「ハッ、ここは……」
Leaf「ん? なんかあった?」
「演説ができる!」
Leaf「!?」


img9924.jpg
 なお観客は。


img9926.jpg
Leaf「しかし、表向きはのどかな村が化物に支配されて住人が消え去った、みたいな感じだけど
   そもそもこんな広すぎる修道院が建設されてるのがおかしくない?w」


img9930.jpg
 こうして、探索の先には、またいくつかの疑問を残しつつ。


img9932.jpg
 けれど、みんなが笑い合う、楽しい狩りを終えるのでした。





img9942.jpg
 帰還したあとは、また、他愛のない雑談を。
 今回のこすたまのタイガーマスク、男性キャラには似合いますけど。女性キャラにはイマイチで。

 上手く合わせられないかなとリーフは手持ちの衣装をとっかえひっかえ。そして。


img9946.jpg
Leaf「これはいける^^」
「ぜんぜんいけてません^^」


 闇のふわふわしょうたいむに世界は覆われて。
 精錬の喜びを笑う声があれば、神を罵る声も上がる。

 神様の価値も王様の価値もどこかにぶん投げて。
 それでもプロンテラの空は、今日も快晴でした。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
えか (URL) 2016-05-13 00:17
おお,ついに名無しにいったんか。
楽しんでくれたようでなによりだ。
そういや今の3にはほとんどいったことなかったな。
ヘルフライがタフすぎて。

アクセスがよくなれば誰でも臨時で狙えるかもしれないね。
Leaf (URL) 2016-05-14 20:14
ついに行ってきたのです。(*´ω`*)
みなさまがかつて通った道だと思うと感慨深い者ですのう。
ヘルフライは強かったです……。なんなんあれ。
ジャルデウ (URL) 2016-05-15 01:11
名無しは進入クエさえなければ、良い狩場ですのにねー><
ネクロマンサーは物理殺しで嫌ですがw
あと視点固定ってのは、何か理由があるんですかね?
昔のマップだから視点固定な訳ではないでしょうし、ROの不思議の一つですね(*´∀`)b
Leaf (URL) 2016-05-16 00:46
STR1で殴れば反射は怖くないですよ^^

アクセスの良さはだいじですのう、そう、たまねぎのように。
視点は、修道院は村の建物のひとつでしかない、室内扱いってことなんでしょうかねー
そのやりづらさが、逆に人気の理由にもなってそうですけどw
コメント投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。