7/15 6時310分(ろくじみどふん)の夕暮れ、マイルドセブンの葉に火をつけて、甘い記憶を振り返る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
ろく (URL) 2015-07-15 16:55
先日はどうもでした!
楽しかったねえ、初の\MVP/を味わってももらえたようで。
あんまりたくさん回復剤んで来てなくって、
やべえしぬwwwwもうあきらめよっかなーwwwwwと思ったけど、
踏ん張って良かったw

Lv100前後くらいでってなったときに、
マイセンさん以外みんなプリ系だったときはさすがに吹いたけどねwwwwwww
いやはやなかなかなんとかなるもんで、ほんと楽しかった。
また遊ぼうね。
えか (URL) 2015-07-15 22:06
確かに見せてもらったぞ。
トールは今も変わらず美しい。
わしが戻ってくるまでになんとかチェンジャーと水アーティファクトを揃えておくように。
りゅう (URL) 2015-07-16 00:16
このゲームには不思議なジンクスがあるのをご存じだろうか。

「引退」を宣言する人はすぐに戻ってくるんだ。

そして何も言わずに突然居なくなる人ほど本当に引退するんだ。
Leaf (URL) 2015-07-17 12:37
>ろくさん
先日はどうもでした! いやあひどいめにあった(*´ω`*)
私はただ範囲魔法撃ってただけなので、MVPと会った実感がさっぱりありません! 
ろくさんだけに負担をかけることになってしまいまして……。

ハイプリはともかく、ABはジュデックス、オラティオ、デュプレライトのおかげで支援も出来る攻撃職という何でも屋さんなイメージなんですよねえ。
ニブル行けばハイプリだってTUとかMEありますし、プリ3人もいればなんとかならないわけがない、と逆に思っていましたよ。

>えかさん
サラマンダーと戦うプリはたしかにここにおりました。
アーティファクト、他の職と使い回せるならいいんだけど、ひとつの職のために武器防具セットで……っていうのはちょっと(´・ω・`)
しかもなんとかチェンジャー使ったらSGのクールタイム(ディレイではなく)5秒ですって。

>りゅうさん
ちょっと長めのログアウト?w
いやあ、この方のばあいはホントのリアル事情との折り合いですのでねえ。
まあ、やめたり再開したり、そういう繰り返しもまた人生ですな。
mido (URL) 2015-07-20 23:12
ありがとうありがとう(*^ω^*)
一人だったら絶対こんな楽しい世界知らないで終わっていくところでした。

ちなみにジュデABは集合した時点でジュデしかスキルとってなかったので、
あわてて移動しながら狩りしながら振ってました⊂⌒~⊃。Д。)⊃
オラティオ10楽しかったぞ⊂⌒~⊃。Д。)⊃


リーフさんと一緒にぺろった日々…忘れません(*´∀`)
これからも楽しんでね(*^ω^*)
こっそり見守ってます。
Leaf (URL) 2015-09-08 00:14
>midoさん
ものすっごいコメント遅れてごめんなさい! もう見てないかなあ?
midoさんとの思い出を忘れずマイペースに歩いてみます。ヽ(。・ω・)ノ゛
コメント投稿

「だから、このさいきれいに、ROのなかからいなくなることを決めたよ」

 ああ、そっかと。リーフがついた息が、いつもの、仲間たちが集まるたまり場の空気にとけていきました。
 別れをさびしく思う気持ちが、胸にじんわりとわいて。でも、ご本人のなかで、ひとつの区切りをつけるなにかを得ることができたことは、それは前向きな良いことなはずだと、うれしく思う気持ちとをない交ぜにして。
 引退を告げる彼女、だいじょばないABのブログ主さまであるmidoさんを見つめるのです。

mido「引退の事情、ギルドの親しいひとたちにはもう話したんだけど……('ω')」

 お別れになるのなら、と。くわしい引退の事情を、midoさんの口から聞いておきたいとリーフは望みました。
 他人の事情を詮索することについて、後ろめたさはありましたが、でもこうして、midoさんのお話を聞くことそのものを、おもいでにしておきたかったから。

mido「んじゃまあ話すか('ω')」
 そんなリーフに、どこから話すかなとmidoさんが言葉を探し始めたそのとき。

 周りにいた仲間たちが、言いました。

img5463.png
Pina「待ってw この絵面で話すのw

Leaf「え、だめこの絵、くつろいでるガラパゴかわいいし」
Phill「死に戻って起こしに来ます^^」
mido「べつにいいのに^^」
Leaf「私たちらしいじゃない」
mido「えっ」
Leaf「えっ」
mido「りーふさんとじゃるさんはいいけども」
Leaf「おい」
mido「私とぴなさんは^^」
Leaf「せっとにするな」
mido「せっとやろ!」
Jal「いやそれはちょっと:(;゙゚'ω゚'):」
mido「えっ」
Pina「れじぇんど組が仲違い……!」

 戻ってきたフィルさんのリザレクションで、一行は居住まいを正して。
Phill「おおシンデシマウトハなさけない」

 なにごともなかったように、仲間たちは気を利かせてくれてその場から離れて。
 そうしてリーフはmidoさんとの長い歓談を、ひとつのおもいでに。胸にたたんでしまうことができたのでした。

 これまでmidoさんからいただいた、楽しい時間への感謝を。この日の初夏の風にのせて。
Leaf「お話ししてくれてありがとでしたよ、たまぁ(*´ω`*)」
mido「たまぁ(^ω^*)」

mido「まあ7月半ばまで、もうちょっとしばらくは会えるんだけどな」
Leaf「じゃあさよならはいわないでおくよヽ(。・ω・)ノ゛」
mido「 (゚д゚)!」

 と、いったふうにして、その場ではログアウトしたのですけれど。



 しばらく、の期間が過ぎるのはあっという間。幾日が過ぎて、お別れの時期が近づいてきた、ある日のこと。
 プロンテラの街のなかで、リーフはmidoさんの姿を見かけるのでした。

mido「今日ろくさんを待ってるんだけどな、会う時間ははっきり決まってなくてな('ω')」
 そのまま場処を移動して、ふたりでおしゃべりしていると。
Roc「こんちゃー!」
 その尋ね人から、リーフへと連絡が飛んできて。

Leaf「いまmidoさんとおるよ^^」
Roc「どこ!? いくいく!」

img5672.png
 そうして、こういうことになりました。

Roc「リーフちゃんWLやる気だなあ」
Leaf「さすがにABじゃ私足手まといですしねえ( ゜ω゜)」
mido「そんなことねえぞ(゚д゚)!」
Leaf「STRもVITも1の殴りにサラマンダーをけしかけられるのはちょっと^^」

 一層目、カーサの反射ダメージに顔をしかめながらも、炎の敵を一匹屠ったmidoさんが大きく息をついたところで。
Roc「いってくる~」
 ひとりのABは楽しげに、ダンジョンの道の先へと走っていって……。

img5675.png
mido「(゚д゚)!?
Leaf「あいかわらず目を疑う抱えかたをw」
Roc「wwwwwwwwww」
 そんなふうにストームガストを楽しませていただきつつ、2層目はさくっと飛んで、いざ、3層目へ。

 ……と足を踏み入れると同時に、リーフたちに並んで3層目へと進む、ひとりの民さんの姿が。

民「いくでー」

 その口調と、キャラ名がRではじまっていることから、ろくさんの2PCかな? と、リーフとmidoさんはたいした疑問としては扱わずに進もうとして。
 しかしそこでろくさんは爆笑しつつ、その民さんに尋ねるのでした。
Roc「どちら様?wwwwwwww」
Leaf「えw」
mido「(゚д゚)!?」

民「あれ、PTちがうwww
Roc「wwwwwwwww」

img5680.png
 そんなわけのわからない一幕がありつつ、一行は気を取り直して、打倒トール3へと挑みます。

img5683.png
 慣れた支援を見せるろくさんと、そしてサラマンダーと互角の戦いをみせるmidoさんのお力でそれは安定した狩りとなり。
mido「私のかわりにブログに載せてえかさんにこの勇姿を見せてやって^^」

img5686.png
Leaf「敵も味方もASPDおかしいw 対人ってこんな感じなのかしら」
Roc「いや、もっと極端なやるかやられるかだよw」
mido「ほうほう(^ω^*)」

img5691.png
 こんな調子で力尽きるまで、リーフはトール3の道のりを、楽しく歩かせていただいたのでした。

 
 そんなPTが次に選んだのはフェイヨンダンジョン5層目。

 狐の群れの数の暴力にABふたりが屈する波乱がありつつも、なんとか立て直すと。
Roc「リーフちゃんだけが起きてるってふしぎだね」
mido「んむ」
Leaf「おい(^ω^*)」

img5692.png
Leaf「私はいつだってのんぺろりすとののんぺろ気分だよ^^」
mido「('ω')!?」

img5695.png
 そんな愚かなやりとりで、笑いが絶えない狩りの途で。midoさん、ろくさんのご友人が合流することになりました。
 オボグロップスホニホニマスのブログ主さまである、マイセンさんです。
 もともとはmidoさんと会う約束のために、Idavollからやってきたとのことですが、midoさんとの込み入ったお話はもう済ませているとのことで、そのままなし崩し的に狩りを続けることに。

img5696.png
Roc「やふぁ
 エフェクトに隠れて敵の姿をさっぱり確認できないままリーフのはじめての\MVP/な一幕がありつつ。
 じゃあマイセンさんを発光させよう、と。2次職~3次職ごった煮の90台、100台のレベル帯のキャラで狩りをすることに。
 リーフはいつものようにオートスペルME殴りのAB。ろくさんはAB転職間近のハイプリーストで。
 そしてmidoさんはご本人のブログでは未登場の、ジュデABでの参加となりました。

img5754.png
 まずはバリおk。もうスタンとリカバリーのかおすないたちごっこで波乱が絶えない狩りとなり。
Roc「おちつけwww」

 ともかく順調に狩れていましたが、人が混み合ってきたので、気分転換も兼ねて別の狩り場へといくことに。
 そうして選ばれた狩り場は、ニブルヘイムです。

img5698.png
Meis「バンジー?」
Leaf「えw すぐ左のWPから歩きでいいのではw」
mido「んむ」
Leaf「なんで慣れたひとってバンジー1択なのw」
Roc「あの樹のわけわからん道順知ってるのリーフちゃんだけやないか」
Leaf「いやいやwww」

img5764.png
 いきなりの熱烈の歓迎に、魔法のエフェクトも敵の群れに猛威を発揮し。
Leaf「MEの出番!」
Roc「TUの出番!」
mido「ジュデの出番!」
Meis「もうわけわからんwwwww」

 たしかにわけのわからない光景ではあるのですが、オートスペラーとして、いつも魔法のエフェクトまみれの戦いをしているリーフにとってはある意味慣れた光景でもあって……。
Leaf「ジュデ連打してると、ジュデの光にマウスカーソル見失ったりするけどな!」
mido「わかる(゚д゚)!」

img5703.png
Leaf「オートスペルME殴りやってる私って輝いてるよな^^」
mido「おう、きらきらしてるで^^」

img5774.png
Meis「オーラロードきました!」
mido「さすがはやいな」
Leaf「ろくさんの釣りとmidoさんのオラティオがかみ合って殲滅速度がすごいな」
mido「(*´ω`*)」

Leaf「じゃあ谷行こうか(`・ω・´)」
Roc「言うと思ったwww」
Leaf「勝てる自信は無いぞ(`・ω・´)」
Roc「wwww」
Leaf「マイセンさん光ってから、谷で散ろうか」
Meis「散ること前提?www」
Roc「いやいけると思うよ」
Meis「うん、いけるいける」

 こんなノリでギョル渓谷へと向かってみると、ふたりの自信のとおりに、ダメージの通りづらい敵たちも、マイセンさんが使用する錐のちからでサクサクと狩ることができ。

img5782.png
 そうして、マイセンさんは2次職の道を駆け抜けることが出来たのでした。

img5709.png
 転生を見物して、1次職のお手伝いをして。

img5713.png
 ここでリーフはいったん離れることになりましたが、レベル100前後の、いちばん楽しい時期の狩りを楽しませていただくことができたのでした。
 マイセンさん、ありがとうございました(*´ω`*)



 お別れはさみしくて。でも、口にはしないけれど、リーフにだっていつか終わりはやってきます。リーフが旅の過程で知り合ったみんなにだって、いつかはやってきます。
 だからこそ、ひとつひとつのおもいでを、たいせつに、たいせつに。
 あたらしくうまれた、今日の楽しい思いをリーフは抱きしめるのでした。

 何かを始めるのも、終わることも自由な、ミッドガルドの大地のうえ。
 振り返ると、midoさんと交わした思いは美しいものばかりで。
 だからそれを抱いて、リーフはまた、いつもと同じように、冒険の旅へ出るのです。
 midoさんも、これまで出会った喜びと痛みのすべての縁を抱いて、リーフと正反対の方向へと、旅に出るのです。

 おもいでを作ることが出来たこの日のプロンテラの空は、抜けるような青空でした。

 きっと明日も、快晴です。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
ろく (URL) 2015-07-15 16:55
先日はどうもでした!
楽しかったねえ、初の\MVP/を味わってももらえたようで。
あんまりたくさん回復剤んで来てなくって、
やべえしぬwwwwもうあきらめよっかなーwwwwwと思ったけど、
踏ん張って良かったw

Lv100前後くらいでってなったときに、
マイセンさん以外みんなプリ系だったときはさすがに吹いたけどねwwwwwww
いやはやなかなかなんとかなるもんで、ほんと楽しかった。
また遊ぼうね。
えか (URL) 2015-07-15 22:06
確かに見せてもらったぞ。
トールは今も変わらず美しい。
わしが戻ってくるまでになんとかチェンジャーと水アーティファクトを揃えておくように。
りゅう (URL) 2015-07-16 00:16
このゲームには不思議なジンクスがあるのをご存じだろうか。

「引退」を宣言する人はすぐに戻ってくるんだ。

そして何も言わずに突然居なくなる人ほど本当に引退するんだ。
Leaf (URL) 2015-07-17 12:37
>ろくさん
先日はどうもでした! いやあひどいめにあった(*´ω`*)
私はただ範囲魔法撃ってただけなので、MVPと会った実感がさっぱりありません! 
ろくさんだけに負担をかけることになってしまいまして……。

ハイプリはともかく、ABはジュデックス、オラティオ、デュプレライトのおかげで支援も出来る攻撃職という何でも屋さんなイメージなんですよねえ。
ニブル行けばハイプリだってTUとかMEありますし、プリ3人もいればなんとかならないわけがない、と逆に思っていましたよ。

>えかさん
サラマンダーと戦うプリはたしかにここにおりました。
アーティファクト、他の職と使い回せるならいいんだけど、ひとつの職のために武器防具セットで……っていうのはちょっと(´・ω・`)
しかもなんとかチェンジャー使ったらSGのクールタイム(ディレイではなく)5秒ですって。

>りゅうさん
ちょっと長めのログアウト?w
いやあ、この方のばあいはホントのリアル事情との折り合いですのでねえ。
まあ、やめたり再開したり、そういう繰り返しもまた人生ですな。
mido (URL) 2015-07-20 23:12
ありがとうありがとう(*^ω^*)
一人だったら絶対こんな楽しい世界知らないで終わっていくところでした。

ちなみにジュデABは集合した時点でジュデしかスキルとってなかったので、
あわてて移動しながら狩りしながら振ってました⊂⌒~⊃。Д。)⊃
オラティオ10楽しかったぞ⊂⌒~⊃。Д。)⊃


リーフさんと一緒にぺろった日々…忘れません(*´∀`)
これからも楽しんでね(*^ω^*)
こっそり見守ってます。
Leaf (URL) 2015-09-08 00:14
>midoさん
ものすっごいコメント遅れてごめんなさい! もう見てないかなあ?
midoさんとの思い出を忘れずマイペースに歩いてみます。ヽ(。・ω・)ノ゛
コメント投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。