07 地底に広がる寺院を往く。

Leaf「んー……」
 プロンテラ南の広場で、リーフは軽く息を漏らしました。
 晴れた空のした。いつもは臨時広場と呼ばれて、冒険者たちの姿で賑わっていたその場所でしたが、いまの時期は、閑散と。

Leaf「DD、ねぇ……」

 プロンテラから離れて、次元の壁を隔てた、ミッドガルドとは違う異界。
 そこで多くの冒険者が、レベルアップを駆け抜けているのでした。

 そんな、如月の末のころの、人の少ない臨時広場。
 自分は自分で、今日はどこへ行こうか。そんなことを思いめぐらせていると、ひとつの臨時PT募集チャットが、リーフの目を惹くのでした。

「遊臨)35-50 行き先未定 現アコシフ」

Leaf「おお、珍しい(*´ω`*)」

 今日の冒険の道筋をみつけることに悩んでいたリーフの表情がぱぁっと晴れて。
 これはいくしかない、と。魔法士はそのチャットに飛び込んで、最初のあいさつを告げるのです。

Leaf「AGI先行の、火力低めのマジシャンです!」



 すこし募集を続けてみましたが、人数は増えることなく、3人での出発となりました。
 行き先は龍之城などが候補に挙がっておりましたが、最終的に、アクセスが楽なフェイヨンダンジョンへ、ということに。

img2765.png
 準備のあとは、洞窟の前で待ち合わせ。入り口に立って、そしてリーフは、うつむきました。
 リーフにとって、久しぶりに足を踏み入れる場所。かつては、2層目を歩くことすらできなかった記憶に、魔法士は自分の両手を見つめて、ぎゅっと握って。そしてまた顔を上げて、洞窟の先を睨むのです。

「来たね」

 3人そろったことを告げる、アコさんの声。みんなで視線を交わしあって。

「さあ、行こうか」

img2766.png



 一層目に出現するガイコツたちには、弓矢と、攻撃魔法と、ヒール砲。3人全員が火力となって危なげなく歩ききり。


img2768.png
 そして、リーフが気にしていた2層目も、いまのレベルで、しかも3人もそろえば怖いものはありませんでした。

Leaf「もう2層目も歩けるくらいに強くなってたんだなあ」

 まったく敵わなかった、いつかの挑戦を振り返って、リーフは息をつきました。
 強く変わった自分を喜ぶ気持ちと、あのころの自分がもう居ないことをすこし複雑に感じる気持ちが、そこには、半分ずつ。
 胸をつくそんなさびしさに、戸惑いながら歩みを進めます。


「次行けるかな」
 2層目の終わりで、シーフさんが、言いました。

「次ムナボンだね」
 アコライトさんが、笑みを浮かべます。ここからが、楽しいんだというように。 

 きっと敵が一体なら、楽に勝てるでしょう。
 しかしこの先出現するムナックとボンゴンの数は、なかなかのもので。

「行ってみればわかる!(*´ω`*)」
 ここからは、余計なことを考えずに、集中しないと、と。リーフは気を取り直して。
 次の層へと足を踏み入れるのでした。


img2776.png
 予想通り、いまの自分たちが歩くには、ムナボンの数はなかなかになかなかで。
 だからこそ、みんな全力を尽くして立ち回ろうとして。


img2770.png
 そんな集中した時間のなかで、アコライトさんがつぶやきます。
「楽しいねw」

「なんとかやれてるね」
 いけるもんだ、とリーフも笑って言いました。

 敵を倒す都度に、自分たちもレベルアップを繰り返して、ダンジョンの難易度に追いついていく感覚が楽しくて。
 この勢いのまま次の層へ行くことに、みんな、何の不安もなくなっていて……。


img2779.png
 だから4層目だって、なんとかなってしまうのでした。

ホロンよりも、ムナボンの数の暴力の方が怖かった!(`・ω・´)
 おー、その通りだー、ホロンなんて余裕だー。とPTが声をあげると。


img2783.png
ホロン「じゃあそれで

 怖。


「これはw」
「全滅のヨカン」


img2784.png
 捌ききれない敵の数。終わりを感じとるPTメンバーに、しかしリーフは言うのです。
よし次の層に逃げ込んで終わろ
「ここで死ぬか向こうで死ぬかの違いしか!?」

 5層目は、マップ四隅のどれかからランダムにはじまるかたちのエリアです。
 運良く、ひとつの入り口にみんなそろうことができたら、5層目の敵にだって勝機はある……!

 あきらめではなく、次への可能性を信じた前向きな一手として、3人は……。


img2785.png
 みんなバラバラの位置で終わるのでした。

「おつかれさま(´・ω・`)」
「みんな別のところにいるw」
「良いオチがついた」

 まあ妥当な終わり方ですね。



img2793.png
 1次職だけで清算していると、そんな光景が珍しかったのか、他の方が寄ってきて要らないアイテムを清算のなかに落としていったり、なんてことがあったりして。

img2796.png
 そうしてリーフは、楽しい臨時PTを満足に終えるのでした。


「いやあ楽しかった(*´ω`*)」
 異界で何かが起ころうとも、プロンテラの空は変わらず。
 今日は楽しかったねと。冒険者たちの笑い声が、聞こえてくるのです。

 
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
えか (URL) 2015-03-11 00:16
あのとき背中を押したわしの目に狂いはなかった(フッ
ろく (URL) 2015-03-11 01:53
5Fいきなり魔境やもんねwwwwww
なんであそこはああなったんかなw

FD5Fもなんか紆余曲折してるんだよね…w
初期は悪くない1次職PT~2次職ソロの狩場で、
やふぁがアクセント、みたいなMAPだったと思うんだけど、
一時期FAD(砦D)かな?みたいな配置になった時もあったような。
Leaf (URL) 2015-03-11 20:00
・えかさん
(イラッ
いやいや、あのときはそっちといっしょに行っても楽しかったに違いない、ぜいたくな二択だったのですよ(*´ω`*)


・ろくさん
難易度いきなり跳ね上がりますよね?( ゜ω゜)
しかし3次職になると他の狩り場があるから、フェイヨンダンジョンに行ってみようと思う機会も少なくなるし、5層目の適正レベルは依然謎のまま……?
昔は1次職でもあるけたのかあ、いいなあ。
コメント投稿