2/23 異界にダイブするのもいいけど、異界の外もね。

img2683.png
img2684.png
 何の意味もなくスロットエンチャントをしてみて、
 成功したけどカードを挿す当てもないのでどうしましょうか。
 上中下段すべてふさがるのはなかなか不便です( ゜ω゜)


img2693.png
 ムナボン帽の衣装化を望む……と言いたいところですけれど、
 光のなかだとアホ毛が透けてしまうのも困りもの(´・ω・`)


img2721.png
 でもでもやっぱり衣装になってほしいですね(*´ω`*)




img2662.png
img2671.png

さて、DDが後半戦に入りまして、私もちょこっと動いてみましたが。

Leaf「うん、私より輝いているひとがいねぇ( ゜ω゜)

 輝くことに何のメリットもありません。

Leaf「よし、DDでいちばん輝いたのはやっぱり私だな(`・ω・´)」
 好きなだけ輝いて、満足して。DDよりもっと楽しいことはないのか。
 そんなことを思いながら、うぬぼれ屋さんのABは、異界の外へとその身を躍らせるのでした。

 時間的には、DDの再開前、バレンタイン転送が残っていた最終日のお話になるのですけれど。
 異界の外。ミッドガルドの空のしたでの戦いの模様を、いつものように。


img2615.png
 お知り合いの方から、楽園団のタナトスタワー討伐クエへのお誘いがありまして。
 行ってきました初タナトス!(*´ω`*)

 本来は、5人以上のPTでないと2Fより先に進めない仕様となっているそうなのですが、
 特殊転送がある期間ですと、タワー1F受付で入場手続きをする→特殊転送NPCのところまで戻って6Fに飛ぶ、という手順でPTの人数制限を無視できるのだそうです。


img2617.png
 転送で、塔のなかに降り立ったその瞬間のできごとでした。

 こんなふうにアクティブの敵の群れがいきなり押し寄せる、いまのリーフの強さには厳しいところでしたが。

Leaf「……いや、いつものことだな?( ゜ω゜)

 そう言うところに身を置くのは日常茶飯事。

 もうすっかり慣れた顔で起こしてもらうのでした。

img2618.png
 このときのPT構成は修羅、Glt、ABのトリオ。
 出現する敵の強さ、経験値としてはそんなに強い部類でもないのですが、
 敵の属性が、聖と念、という両極端で、今回ここを訪れた近接攻撃タイプ3人には苦手な部類のステージでした。


img2619.png
 まあそれはそれとして、討伐だけを考えるなら、慰める者など3種の天使族を20匹ずつ倒せば終わりですので、そう苦労はないのですが……。


img2623.png
 目の前の敵を殲滅する→他の敵が押し寄せる→再度交戦、のテンポがすごい楽しいところでして(*´ω`*)
 討伐20匹ずつが終わろうとかまわずに、3人は何の相談もなく、登れるところまで歩こうとするのです。


 戦って、登って、戦って、登って。
 何層めかのフロアの前で、小休止。手持ちの消耗品の残りを確かめて、リーフは言いました。

「ああ、サラマインが残りふたつ。ちょっと分けてもらって良いですか?」
「HSPすらもう使い切ってる(`・ω・´)」
「私もあと1瓶しかないよw ごめんw」

 分けてあげられない、と謝るふたりに、リーフは笑って首を振るのです。いえいえぜんぜん、と。こういうのが、いいのです。
 もともと、まったり討伐数を完了させるだけのつもりでしたので、消耗品や属性武器の準備はおろそかになっていたこの現状。

「RPGだよね」

img2633.png
 じりじりと、万全な状態が遠ざかっていって、戦える限界も、もうすぐそこに近づいていることが、しっかりわかってしまえるのに。

 それでも、3人みんな、笑っているのでした。
 
 ダメージが通りづらいなら、通りづらいまま3人で協力して強引に戦えばいい。
 Aspd増強の手段が尽きたのなら、尽きたまま強引に戦い続ければいい。

 たったそれだけのことが。どうしてか、楽しくて楽しくて。


img2635.png
 そうして、討伐数なんかのことを忘れて、戦いの狂騒のなかを存分にはしゃぐ、心地よい冒険のひとときを、過ごすことができたのです。



 さて、2人と別れたリーフは直後、プロ南に落ちていたクリ型Gltさんと、通りすがったコンボ修羅さんに声をかけて。


img2637.png
 タナトスタワーもう一回!(。゚ω゚)。



img2638.png
Eka「こうなるって先に注意してもらわないと困るんだけど!?
Leaf「注意伝える間もなく先に飛び込まれたらどうしようもないぞよ……?( ゜ω゜)」


img2643.png
 このときはGltさんの必中クリティカルが大活躍していたのですが、いかんせん敵の数も多く。
 妙に敵のユピテルサンダーが目立ち、3人はあっちこっちに頻繁にノックバックで弾かれ続けます。

Eka「わしはテニスのボールじゃないんだぞ


img2644.png
Leaf「いやあ戦った戦った(^ω^*)」

 それでも戦い続けて力尽きて。HPもSPもぜんぶ使い切った大往生に、リーフはまた、満足げに寝ころぶのでした。

 みなさま、楽しい時間をありがとうございました(*´ω`*)
 また特殊転送が来たときにはぜひぜひ!(・ω<)



img2682_20150223125311907.png

 なんと本鯖の方からみてますをいただいてしまいました*'ω')
 過分な評価を頂いて、ほんとうに恐縮でした。(*´ω`*)
 楽しいお話もたくさん頂き、ありがとうございました。

 誰でも臨時は立てるときはもう何回も立て続けるのですけれど、いちどひと段落してしまったり、こうしてイベントが起きて臨時広場からひとが減ったりすると、なかなか立てづらくて申し訳ないです(´・ω・`)
 ちょっと前はね、ニブルでたくさんはしゃいでいたのですけれどね。
 三次職になったこの子の方針を決めたらまた立てたいと思うので、もしみかけたらぜひぜひ来てやってください。ヽ(。・ω・)ノ゛
関連記事
スポンサーサイト
コメント
フィル (URL) 2015-02-23 19:13
こっそり初投稿しに来ました(*´∇`*)
何度かリーフさんの姿をDDで目撃しましたよっ(☆∀☆)それはもう良い光りっぷりで(ФωФ)
そしてタナトスタワーお疲れ様でした(*´∀`)♪なんちゃって人数集めないと登れない所だったんですかっΣ(゜Д゜)大抵勢いでお誘いする癖が…!(ФωФ)
あそこの湧きは凄かったですね(*´∇`*)是非是非また行きましょ♪ヽ(´▽`)/今度はちゃんとHSP持って行きますv(・∀・*)
えか (URL) 2015-02-24 01:19
あの日,わたしはいつものようにホモチャ&ジターバグを立てるつもりで臨時広場にやってきたんです。
そうしたらやにわに見知らぬ男女にチョコレートファウンテンの中に放り込まれて…おまわりさーん!!
Leaf (URL) 2015-02-25 02:28
>フィルさん
その勢いで誘ってくださったおかげで、楽しいひとときをいただくことができたのです!ヽ(。・ω・)ノ゛
DDで光ってるの見られてた?(*ノωノ) ああやって遊ばないとDDは退屈でめんどうになっちゃうのです。

やっぱり普通に戦えるところがいいですね! またよろしくお願いします。


>えかさん
修羅さんなら、チョコファウンテンの中に全身つっこんでもだいじょうぶだと信じていたからね!
コメント投稿