12/14 支援×支援=突進力!

 さて今回も、わんわんさまとのペア話を。

 スイングダンスがとても楽しかったので、スパノビさんでもスイングダンス体験をさせていただきました。
 簡単にASPD190↑を達成させてくれるこのスキル、ほんとうに楽しかったです(*´ω`*)

img1398.png

 素殴りしてるだけで楽しいおーとすぺらーなのでした。


 シビアレインストームで兵士の一掃も簡単。
 さすが弓職さんと思わせられます。

img1317.png

 簡単。



img1405.png

 長老もこのとおり。
 こんなふうにスパノビを輝かせていただきました。わんわんさまの有用性の証がまたひとつ(。゚ω゚)。


 そうして拾った料理の清算を。

Eka「商人キャラ出すから料理持ってて」
Leaf「STR1のノービスだからあまり料理持てないんですよね。ちょっと装備を倉庫に」
Eka「そんなに重量きついんだ」

 やがて、倉庫に装備を置いてすっきりした表情のリーフが戻ります。

Leaf「ランシャツブリーフを脱いで身軽になった!(`・ω・´)
Eka「お、おう(そう思うならそれでいいのかな)」
Leaf「この歳になるとシャツが重くてねえ」
Eka「生存限界来てないか?

img1414.png

 しかしこのスパノビとマーチャントの並び可愛くないですか?(*´ω`*)
 どっちも戦うひと、ではなく、歩いて旅をするひと、っていう見た目の並びが穏やかですてきだと思うのです。



 さてキャラを切り替えて、AB+わんわんペア。
 楽園団の討伐体験もかねて。行き先は、竜形ひしめくアビスレイク!

img1322.png

 ここでも範囲攻撃、シビアレインストームが光ります。

Eka「ひとりじゃ来る気にならんなこの敵の群れ」
Leaf「よくひとりで来ます」

img1319.png

 観光に。
 狩りは無理。


img1323.png

 敵の群れを見つけて、立ち止まるふたり。
Leaf「おお、たくさんいる」
Eka「おさきどーぞ^^」
Leaf「前衛(VIT1)いなくなりますよ?
Eka「生きて帰ってくるって信じてる

img1321.png

 残念ながら(?) そんな信頼関係を発揮してしまい、ふつうにふたりとも生き残りつつ。
 いよいよ敵の密度が恐ろしい三層目へ。


img1325.png

 入り口からいきなり敵の群れ。


img1326.png

 戦って。

img1327.png

 戦って……。


img1328.png

 入り口から先へ歩く隙もない沸きでした。 

 しかし、三層目のどこぞの座標のポイントを調べろ、というクエはできなかったのですけれど。
 アビスの敵を討伐するのは無事に達成できておりました。(*´ω`*)

 ゴールドオシドスだって倒せないことはなかった!(数に押されなければ……(´・ω・`))

 ということで、AB+わんわんペア。アビスだって歩けます。(・ω<)
 敵の数も強さも歯応えがあり、なにより景観が美しい楽しい狩り場。ボム葱さんやメカさんではなくとも、ぜひぜひおいでください。



 さて、最後にもうひとつ、気になっていた場所がありました。
 南広場で、知り合いの方がおすすめしてくれた狩り場があるのです。敵の沸きがものすごくて楽しいよ、と。
 それはジュノーフィールド06から↓↓にある、ジュピロス遺跡と呼ばれるダンジョンでした。

img1438.png

 もう入り口をくぐった時点から、あ、良い雰囲気の場所だ、とどきどき。(*´ω`*)
 ニブルがもっとかっこよくなった色をしてる、とでも言いましょうか。

img1421.png

Eka「ここからが本当の地獄だ
 ずっとずっと昔は、今で言うビフブワヤ的な存在として賑わっていたとのこと。
 当時を知っている踊り子は、そう言って顔をうつむかせて。

Eka「やべええなつかしいいいい」

 感極まった様子で身体を震わせるのでした。

Eka「もうだめだ」

  そう言い置いて、

Eka「あとはまかせた」

 ハイテンションで地獄に飛び込んでゆくワンダラーの姿を、聖職者が追いかけます。


 それはヴェナートと呼ばれる、小さな機械のモンスター。
 ぽみせでおなじみの、ホード並の経験値しか得られない敵であるというのに。

img1424.png

 しかし彼らは、3次職をたやすく沈める攻撃力を持っているのでした。


img1426.png

 いま、私たち以外誰もいないここでは、敵の横沸きなんてほぼありません。
 しかし、ちょっと歩くだけでこの数。


img1427.png

 ひとたび捕まったら、一瞬のふるぼっこで冒険者を屠る凶悪さを身をもって体感します。

Leaf「というか囲まれて無くても、1対1でもこっちに攻撃を当ててくる気がする」
Eka「属性によってはかなり危険」

 しかしふたりの冒険者はその痛みを恐れることはなく……。

img1432.png

Eka「よし出直すぞ!


img1468.png

 そうして再び、冒険者は機械の敵ひしめく遺跡を駆け抜けるのです。

img1467.png

 矢弾、斬風、焦熱、氷槍、爆光。攻撃を繰り出す都度に、物言わぬ機械の群れが、どんがらがっしゃんと崩れ落ちる。
 いっせいに響く崩壊の音を楽しみながら、ふたりは突き進んでゆくのでした。


img1441.png

Leaf「この場所に慣れてきたかも」
Eka「素晴らしいことだ」


img1446.png

 倒れても起き上がり、ノンストップで戦い続けることができる魔境のなか。


img1449.png

 戦場の狂気に飲まれ、もはやだれが味方でだれが敵なのかもわからなくなって……。

Eka「昔は釣りたちが、30匹くらい釣ってきてお互いに轢いてた


img1472.png

 そうしてきりの良い時間まで、こころゆくまで戦闘の昂揚を楽しんだのでした。


img1453.png

 スイングダンスで殴りABのオートスペル殴りが輝き、ブラエとマニピがワンダラーのシビアを支える。
 互いに快適さを維持しながら戦えるといいましょうか。ほんとうに楽しかったのです。

img1470_2014121415252698e.png

 ひとりじゃ歩けないところを、ふたりのちからで歩く。
 互いの弱さを補い、互いの強さを相乗させて突き進む。

 殴りアコプリAB祭りでも、全員が支援スキルを使えるからこその突進力をかいま見てはいるのですけれど。
 ABの支援が味方を強くするものであるならば、わんわんさまの支援スキルは味方を楽しくさせるものだと思います。


img1463.png

 良い感じのセカンドコスチュームも発表されたことだし、実装に備えて、いずれは自分でもワンダラーをつくってみようかなと思わせられました(*´ω`*)
 S4Uだけがわんわんさまの魅力ではない!(。゚ω゚)。


 あとは、あのへんなくねくねさえ無ければ……(´・ω・`)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
えか (URL) 2014-12-15 23:55
いやあジュピはいい狩場だった。
こうしてSSを見ているだけでも血がたぎる。
アビスは慎重に行けばペアでも行けそうだね。
何度か練習してみるかー。

しかし,楽しんでもらえたなら何よりだ。
次はセレナーデするかな?
ボルトとかWBのダメージ1.5倍やで。
Leaf (URL) 2014-12-16 22:01
ジュピロスのどんがらがっしゃんは素晴らしかったですねw
なんですかあの疾走感。

セレナーデってそういうスキルなのですか! しかもボルトとWB強化って
まさに私が体験しておくべき仕様ではないですか……!
次のご縁がありましたときにはぜひぜひ!
コメント投稿